横浜 整体 マッサージ 鍼灸 マタニティ 妊婦 肩こり 腰痛 ぎっくり腰 坐骨神経痛 指圧 交通事故ムチウチ カイロ 横浜西口治療院 横浜整骨院 横浜駅西口徒歩5分

TOP

施術理論
体のしくみと症状

診療案内
マッサージ・指圧・マタニティマッサージ・ヘッドマッサージ
鍼灸治療
整体・カイロプラクティック
ストレッチコース・PNF法(運動療法)
骨盤矯正・O脚矯正
足つぼリンパマッサージ

治療院案内
治療院のご案内 / 料金表
系列店ご紹介

インフォメーション
Q&A −よくあるご質問−
関連リンク
求人・スタッフ募集

保健室
体の豆知識

横浜西口治療院 マッサージ 鍼灸 整体 マタニティ整体 足ツボ マタニティマッサージ 肩こり 腰痛 ぎっくり腰 ムチウチ O脚・骨盤矯正  横浜駅西口徒歩5分 横浜駅前
体の豆知識

タイトル 詳細
花粉症 対策してますか?


 そろそろ花粉が気になる季節になりました。 昨年は長夏で気温が高い日が続いたため花芽の成長が良く、
花粉の量が多いと予想されていますが皆さん対策は取られていますか?

 近年花粉症は「国民病」と呼ばれるほどに蔓延しています。特にスギ花粉症患者の増加がめざましく増えています。
その理由の一つは戦後の復興のため拡大造林と呼ばれる林業政策によって、
日本中の山にスギが植林されはじめましたことによります。
この植林されたスギが成長して花粉を産生する樹齢に達し、昭和50年に一斉に花粉が飛散するようになったことが、
スギ花粉症患者急増の原因だといわれています。
この状態をこのまま放っておけば、約50年間はまだスギ花粉は続くといわれています。

 このような状況から花粉症予防のために食生活から気をつけましょう。
 花粉症になりやすい食事は、お肉(特に牛肉)や乳製品などの動物性たんぱく質を多く含む食品です。
たんぱく質は胃やすい臓から出る消化酵素によって細かく分解され、腸でアミノ酸として取り込まれます。
しかし動物性たんぱくを多く含む食品を摂り過ぎると、消化酵素の分泌が追いつかず、
小腸でアミノ酸に分解できないまま腸に吸収されてしまいます。
分解が不十分なまま吸収されると、体はこれを異物とみなし撃退しようと免疫系が活発になるため、
アレルギー反応が起きやすくなります。
 このように腸内環境を調えることが花粉症のアレルギー反応を抑えることにつながります。

 普段から食物繊維を豊富に含む食品や、日本人の身体にあった和食中心の食事に置き換えることで、
身体の中から花粉症予防をしましょう。


COPYRIGHT(C)2009 横浜西口治療院 ALL RIGHTS RESERVED